« 迷惑メールとの格闘 | トップページ | 祭りの後 »

2014.05.10

Apple純正ネットワーク やめました。

なんだかんだと10年くらい前に購入したAirmac ExtremeのBase stationと、Airmac Expressを組み合わせたWDSネットワークを使っていたのですが、しょっちゅう両者の接続が切れてしまうので、困っておりました。
そもそも、我が家のNetworkの形態が普通の家と異なるからなんですが、
ADSL<- Ethernet-> Airmac Extreme(NAT) <- Wireless(WDS) -> Airmac Express <- Ethernet or USB -> other computers and printer
この、WDSの部分がApple以外の何かで代替できないかと模索しておりました。
それに、WEPだけとか、bでしか通信できないマシンもいくつかありましたので・・・

結果からいうと、はい、代替できました。

今回はAirmacExtremeのところをBuffaloのWHR-1166DHPというので試しましたが、
たぶん、他でもできそうな感じです。

1.Buffaloで設定する。a/c帯のものと、b/g/n帯で個別に設定できるので、
 b/g/n帯の所にWEPを設定する(13文字のパスワード).
 →これで、古い端末からも接続できました。
2.Airmac Expressのほうは、初期設定の状態で、
 「ネットワークに接続」を選択するだけ。あっという間につきました。
 共有しているプリンタとか、Ethernetに繋がっているものもすべて問題なく認識できました。

WDSの時にはチャンネルが固定だったのですが、最近の無線機器は混み合ってくると適当にチャンネルを変えてくれるのが大変良いと思っています。なにしろ、近くにマンションがあるので、ぱっと見だけでも、10個くらい無線ネットワークが見えているのです。競合しないように適宜変えてくれれば大助かりです。

とりあえず、これで様子を見てみます。

|

« 迷惑メールとの格闘 | トップページ | 祭りの後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 迷惑メールとの格闘 | トップページ | 祭りの後 »