« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011.07.25

風呂屋ならフルーツ牛乳なんですが・・・

普段はやっぱり麦茶or水です。
牛乳もよいのですが、また歯を磨かなくてはならないので。

ブログネタ: お風呂上りの一杯といえば?参加数

| | コメント (0)

通勤途中はべんきょの時間

TOEIC730点目指して、むんむんやってます。
英語に関していえば、高校生のころより勉強しているのかも。

ブログネタ: 移動中、何して過ごしてる?参加数

| | コメント (0)

2011.07.15

オーバーホール

スピードマスターを先月、オーバーホールに出した。
それも、たまたま出かけた有楽町のビックカメラに、時計の修理受付コーナーを見つけたから。

もう、5年くらいつけっぱなしで、傷だらけになっているのだけれど
相棒のように気に入っている時計だ。
おそらく、私の時計の中でもっとも長生きした部類ではないだろうか。
(安物ばかりはしごしてきた、というのもあるが)

電池時計でもなく、Quartzでもないので、正確さにはかけるものの、
「大人の時計」
という魅力を放っていた。
時折腕を振ってみたり、くりくりとねじを回すのが癖になってしまったほどだ。

そんな時計を今回、オーバーホールに出した。

実は、何年も前から出したいと思っていたのだが、
なかなかこれといった店が見つかるわけでもなく、
タイミングを逃していたというのが理由だった。

量販店にオーバーホールに出すなんて。
ということも考えたが、ここで出さないとまた何年も出さないかもしれないと思い、
思い切って出すことにした。

店員さんは結構落ち着いていて、
「ほう、スピードマスターですか」
「クロノグラフですから、オーバーホールの基本料金だけでも5万弱ですけど良いですか?」
「もし、故障していたら、メーカー(スイス)での修理となりますが?(さらにお値段プラスですが?)」
という質問を投げかける。

普段だったら、スイス?!とひるんでしまうところであるが、
こんな質問を投げかけられるであろうことは、
スピードマスターという時計のオーナーとなったときに覚悟していた。

しばしの相棒との別れは意外な喪失感があった。
どのくらいかというと、うっかり帰りに国産の電波時計を買ってしまったほどだ(笑)。
こちらは、スピードマスターとは正反対の、軽くて(チタン)正確な電池要らずの時計だ。
(さすがにデジタルにはしなかったが)

きっと、妻が先に亡くなってしまったら、一人では暮らせないのだろうな。
(再婚するかどうかは別として)

結局のところ、相棒はスイスには渡らずに1ヶ月ほどで帰ってきたのだけれど、
外見はほとんど変わらず、不具合だけが解消されて戻ってきた。
正確に時を刻む電波時計も良いのだけれど、やっぱりスピードマスターに手が伸びる。

普通に巻いていて、ちょっと進み気味、というのが電波時計との違いだ(2つ並べてようやくわかった)。
そういえば、使い始めのときはちょくちょく時計を遅らすように調整していたっけか。
そんなことを思い出しながら、今日も時折ねじをくりくりしている。

これからもよろしく。

| | コメント (0)

2011.07.07

なぜ、今日に限って雨・・・

ここのところ、天気予報しにくいのか、
雨が降るといっても、晴れていたりと、
空模様が読めない日が多いです。

ただ、今日は朝からポツポツいってます。

せっかくの七夕の休暇なのにねえ〜

たしか、去年もそうだったような・・・

まあ、梅雨の最中なので、仕方のないことなのでしょうが。
それにしても、残念。

| | コメント (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »