« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010.01.29

40度の発熱

でました.
といっても,私ではなく,息子ですが.

鼻がしばらくでていたのですが,急な発熱です.
インフルエンザかどうかは,明日,もう一度診てもらって
検査しないとわからないらしいです.

うーむ.今週末も嵐です.

| | コメント (0)

2010.01.28

また風邪引いた

今度は鼻風邪.鼻水が止まりません.
花粉症かとも思ったのですが,隣の息子と同じ症状なので・・・
鼻水に血が混じるところもそっくりです.ウツサレタ・・・(泣).

今シーズン何回目の風邪か,もはや忘れつつあります.
ああ,風邪など引かない,強靱な体がほしいのぅ.


| | コメント (0)

2010.01.23

Airmac ネットワークの障害復旧に明け暮れる

iPod touchでのインターネットが遅い
ということから始まったAirmacネットワークの障害復旧.

ネット中毒(笑)にとって,つながらない時間ほど辛いものはありません.
ADSLモデムまで行き着いてしまったので,
少しずつ構築していったシステムを,今日一日でほぼ全部見直したことになります.

ADSLモデム---Airmac Extreme- - -(WDS接続)- - -Airmac Express---USBプリンタ

結局は,Airmac Extremeの設定をLeopard(10.5)に搭載されている
Airmac設定アプリでいじくってしまったのが原因でした.
Tiger(10.4)が動いているPowerBook G4/500にて再設定すればよいと気がつくまで数時間.
設定を初期化してしまったExtremeとExpressを元に復元するまで,さらに数時間.
気がつくと,とっぷりと日が暮れてしまいました.

病み上がりには辛い土曜日でした.

格言としては,「きちんとメモを残しておけ,そして参照せよ」ですかね.
WDSの再設定時には,有線でやるべきだったことをすっかり忘れていました.
その作業をメモった記事をみて,ようやく気がつきました.

要するに,5年前と同じ苦しみを味わっていたことになります.
自分の学習能力のなさに,がっくりしてしまいました.

でもまあ,そろそろ光にリプレースするでしょうから,
その時のことを考えれば,ちょっとした練習だったのかもしれません.
PDCとかが入ってきたら,どんな感じになるのだろうか?

| | コメント (0)

2010.01.22

風邪引いてた(闘病日誌)

先週の土曜日くらいから調子が悪くて悪くて・・・
ようやく復活しました。

1/16(土) 午後くらいから弱い悪寒。
       背中をホットカーペットに密着すると落ち着く。
       食欲急速に減退。軟便。葛根湯、寝る前にバファリンを飲む。
1/17(日) 朝、コンタック服用。悪寒はやや改善。
       食欲・下痢が改善しないため、午後に当番医を受診。
       胃腸性の風邪ではないかとの診断。胃腸系の薬を処方される。
1/18(月)社外での研修。 食欲・下痢はさほど改善せず。
       水を一口飲んだだけでお腹が雷雨のようにゴロゴロ。
1/19(火)社外での研修。 夜中に下痢で目が覚める。
       その後も、ガスが止まらず。随伴物でシーツまで汚れた。
       食欲ますます減退。処方薬がなくなりそうなので、かかりつけ医に受診。
       食欲減退と下痢(ゴロゴロ=ガス)に特化した新たな薬を処方してもらう。
1/20(水)社外での研修 薬が効いている間はなんとか下痢はストップ。
       しかし食欲は変わらず。相変わらずお腹にガスがたまる。
1/21(木)社外での研修 食欲変わらず。ガスはやや改善。
       駅の売店にて、すがるような気持ちで栄養ドリンクをつかむ(リポビタンD biz)。
       ドリンクの効き目か、午後から回復傾向。夕飯で通常食を食べられた。
1/22(金)社外での研修 食欲戻る。だるさは少々。昼ご飯から通常食再開。

咳の風邪も辛いものですが、お腹の風邪(もしかするとノロ)も辛いです。
今シーズンはもう、これで終わりにして欲しいものです。
副産物?!として、4kgほど減量することができました。

| | コメント (0)

2010.01.15

ドラクエ・・・最近やっていないなあ

ドラクエは7まで

それも、終わってません(自爆)。

ブログネタ: あなたはFF派? それともドラクエ派?参加数

| | コメント (0)

2010.01.12

新型インフルエンザワクチン接種

あまりにも痛くなかったので、忘れかけていましたが、
先週の土曜日に打ってきました。

子供が1歳未満なので、優先接種対象者なんですね。
しかしもはや1月。インフルエンザのピークを過ぎつつあります。
「打たなくてもいいや」ってな人もちらほら出てきているのですが、
自分達はともかく、子供のことを思うと心配なので、申し込みました。

打った証拠に、どこの株を使ったワクチンかという
証明書なる紙ペラももらってきました。

わざわざ、こんな証明書をつけなくても良いのに・・・
ともらった直後は思ったのですが、落ち着いて考えてみると、
この注射を打った後、発症して死んでしまったら、
「この株で死んでしまったんですよ。」
という証拠になるんでしょうね。

ちなみに、国産、大阪大学云々の株です。
すでに、3日たってしまったから、大丈夫なんでしょうが、一応。


その他の感想は、「うまい人が注射すると、全然痛くない」。
これは、注射のたびに感じます。

季節性のインフルエンザの時はとても痛くて、
2週間くらい腕が腫れてました。蜂に刺されたの?って位に。

今回は無事でよかったです。ふう。

| | コメント (2)

2010.01.11

PowerBook G4 昇天?!(その3)

今日はPowerBookG4/500から書き込み(笑).

とりあえず,バックアップはしたものの,
なぜかnumlockキーが点灯した状態.
そして,numlockキーが点灯した状態でないと,
普通にキーボードが使えないというあべこべの状況.
(numlockキーを消灯させると,u→4とかが出てくる.)

試しに,PRAMクリア(なつかしー)をやってみるも,
全然効果なし.ATOK2009とかを使っていたからだろうか.

結局,連休とはいっても全然休めませんでした.がっくし.
現在は,同じスペックのものが中古でないか物色中.
30000円くらいで手にはいるとよいのですが・・・

| | コメント (0)

2010.01.08

PowerBook G4 昇天?!(その2)

もちろん、今日もWindowsから書き込みwobbly

昨日はさっさと寝ようかと思ったのですが、
性懲りもなく、バッテリーをはずして起動してみたところ・・・起動しました!
そして、TimeMachineにてバックアップ。

この状態のまま一晩つけっぱなしにしておいたのですが、不具合はありませんでした。
バックアップも終わったことだし、ということで
懲りずにバッテリーをつけてみました。
もちろん、充電ランプが1分位ごとについたり消えたりする状況も変わりません。
そして、昨日の夜のように、数分後、なんの前触れもなく画面が急に落ちました。
しかし、裏のリンゴマークは光っているという、ナゾの状況
(こうなったら、電源ボタンを押して、強制終了させるしか道はない)。
これも、昨日の症状と一緒です。

バッテリーをつけたときに電源(システム?)が落ちる症状になるようなので、
どうやら、PowerBookG4のバッテリーを充電するあたりに
なにか不具合がおきている模様です。

もしかすると、他のACアダプタ(PowerBookG4/500用)が
なにか悪さをしてしまったのだろうか?
いずれにしても、ノートパソコンとしての特徴がひとつ失われたことは確かです。
今後、使っていくにしても「小さなデスクトップパソコン」としての余生となりそうです。
それも、電源部がいかれつつあるので、そう長くはないでしょう。

こうなると、我が家の財務担当大臣と緊急予算を計上してもらえるかどうかの折衝となります。
もちろん、収入の2倍以上もの予算を組むどこかの国のようなことは、ハナから無理なので、
当然のごとく、みっちりと仕分けが入るんでしょうね。

これ以上、パソコンがいるんですか?・・・と(自爆)。

買ってもらえるにしても、MacBookの後にProは・・・どうでしょうねえ。うーむthink
*************************


ACアダプタの違いといえば、
別のBlogでの記事を発見しました。

正しいACアダプタを使用していますか? (MacLuck)

つまり、PowerBookG4の電源アダプタは、45W用と65Wのものがあって、
65WのものはすべてのPowerBookG4につかえるが、
45Wのものでは、65W仕様のPowerBookG4にて使えない場合もあるようです。

さて、これからどうしようかな・・・
もしかすると、まだ続く・・・かも。

| | コメント (2)

2010.01.07

PowerBook G4 昇天?!

題名にもあるように、Macが死んでしまったようです。
仕方がないので、これまた古いWindowsマシンで書き込みです。

調子が悪いのかな?と思ったのは一昨日。
ACをさしているのに、充電されていないのです(プラグの根元が光っていない)。
他のACに変えてみたところ、プラグの根元が光ったので、
ACが死んでしまったのだと思っていました。
そこで、早速、オークションで新品ACをゲット。

新しいのが届くまでは、他のACで乗り切ろうかと思っていたところ、
なぜか、本体が熱くなってきました。コタツで使っていたからでしょうか?
今日はちょっと使いすぎていたからねえー。とのんびり。

すると今度は、夏でもめったに回らないファンが回り始めました。
裏を触ってみると、超熱い!!!
そのうえ、ほのかにやばい臭いもしています。焦げる寸前のような、そんな臭いです。
コタツじゃない!他のACをさしたからだ!と判断し、作業中断。

状況を調べてみると。
1.充電はしていない
2.Mac本体が熱くなっている(尋常ではないくらい)
3.Macの内部でハードディスク以外ところから音が出ているようだ
ということがわかりました。

ウェブで調べてみると、PowerBookG4用のACアダプタは
代が変わるたびにパワーアップしており、
新しいACは古いマックに使えるらしいが、
古いタイプのACは新しいマックには使えないようだ。
ということもわかってきました。

つまり、とりあえずに接続させたACは古いPowerBook G4(初代)用なので、
消費電力が足らないのか、充電も出来ないようです。
ただし、とりあえず、ACで動くだけの電力は出していたようです。
そんなわけなので、結論としては、新しいACがくるのを待つことにしました。

・・・そして今日、ようやく新しいACアダプタが到着しました。
さしてみると、ピカッと光ります。ああ、良かった。

といのもつかの間、PowerBook本体のAC接続部分のあたりから
カチカチというような変な音が(汗)。
そして、これもうまく充電してくれないようです。

ここでようやく気が付きました。
ACが壊れたんじゃなくて、本体になんらかの異常が発生して、
最初に壊れたのがACだったんではないかと。
そして、本体の異常はどんどん進行していて、やばい状況にあることも(大汗)。

あわててバックアップ作業に入るものの、
コピーの途中で突然の電源オフ。

プシューン

という音を立てて、終了してしまいました(泣)。

ハードディスクは回っているものの、システムは落ちている。
奇妙な状態となっています。

再度、電源を入れてみるも・・・システムすら立ち上がらなくなってしまいました。

さて、どうしよう(続く、か?)。

| | コメント (0)

2010.01.03

古いネガを発見

新年、明けましておめでとうございます。

本当は年末にこういう記事を書くべきなのかもしれませんが、
去年は(も)自分の部屋を掃除せずに年越ししてしまったので・・・(自爆)。

何気なく部屋の隅っこにある、ネガが雑然と入れられた袋を見てみると
手前だけが自分の撮ったネガで、残りはすべて、亡き父のものでした。
どうやら、実家から引っ越してくるときに、手前に入っている自分のネガをみて、
すべて袋の中身は自分のものだと思ってしまったようです。

父親のものなので、実家に返しに行っても良いのでしょうが、
このままでは押入れにしまわれて、忘れ去られてしまうでしょうから、
私がここでこのネガに気が付いたというのは
良いめぐり合わせだったのかもしれません(ちょっと美談風に書いてみた)。

デジカメでパチパチと撮れる現代ではなく、
一枚一枚を大切に撮っていた時代のものなので、1コマ1コマに重みのようなものを感じます。
露出もシビアなので、空コマが混じっていたりするのも、昔っぽいです。

しかし、なにぶん古いものなので、
白黒ネガがあったり、ネガの長さがまちまちだったりと
見るのにもちょっと苦労します。

そんなことをしながらも、いくつか眺めてみると、
自分の子供時代の写真らしきものが混じっているのが(なんとなく)わかります。

きっと、いろんな区切り区切りの記念写真であろう雰囲気です。
プリントしてみれば、その詳細がわかるはずなのですが、
「そんな気になる写真が大量にある」というのが難点です。

幸い、手元にネガを取り込めるスキャナがあるので、
少量であれば取り込んでみるのですが、大量となると、
これを1つ1つ取り込むのは・・・うーむ。
コマ毎に色合いを調整したりなんなりとやっていると
ほとんどライフワークになってしまいそうです。

ただし、貴重な写真であることは間違いないので、アナログーデジタルが可能な内に
どこかできちんとデジタル化しておく必要があるでしょう。
やっぱり、カメラ屋さんと相談してみる必要がありそうですかね。
外注となると、いくらかかるんだろう(汗)

・・・と、財布の心配をしつつも、心はやや浮き足立ってきています。
サクッと行けるようであれば、自分のネガもデジタル化してもらおうかな。

| | コメント (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »