« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008.12.25

内陸線 サンタ列車

先日、秋田内陸縦貫鉄道(内陸線)に乗りにでかけてきましたが、そのリポートを。

秋田から出かけるには、どうやら鷹巣からアクセスするのが便利なようです。
(角館からだと、大曲での乗り換えがあるからなんでしょう)
朝早く起床し、夜明け前の街をてくてく駅まで。雪がないものの、しみいる寒さ。
その後、7時前の奥羽線下りの列車に乗り込んで鷹ノ巣まで。
土曜日なんですが、部活動と思われる高校生が入れ替わり立ち替わり乗り降りしています。

Pc202701s

鷹ノ巣で乗り換え、フリー切符を手に入れ普通列車に乗車・・・
あれ?サンタ列車?
内陸線は阿仁合で乗り換えのダイヤが多く、
全線を通して走る列車が少ないと思っていたのですが、
どうやら同じ車両で通して運転するようです。
(駅員さんも、「角館まで行くのでしたら、そのままでいけますよ」と言っていた)

今回は列車番号が11Dでしたが、それが阿仁合からは2001D(急行もりよし1号)
になるとのことで、各駅停車でも急行型車両で運行されているようです。
(よくみると、各駅停車同士でも下2桁の列車番号が同じものは通しだと思われます)

Pc202718s
車内に入ってみると、サンタ列車と言うだけあって、
クリスマスモードになっており、子供連れの家族が楽しそうにしております。
(運転士や車掌さんもサンタの格好でした)

途中駅からも子供連れがどんどん乗り込んできてきました。
イベント列車として地元に根付きつつあるようです。
車内には自動販売機(少々ですが)や車内販売もあるので、
軽く飲食しながら列車の旅を楽しめます。
(昼過ぎになるとサンタ車両の隣では飲み屋みたいな臭いが充満して、
シラフにはやや辛かったのですが・・・)

列車は川沿いに進み、平野から山間部へと進んでいきます。
通して乗ると3時間弱の路線なのですが、車窓を見ているうちに終着駅に着いてしまうほど、
あっという間です(急行だともっと早い)。
今回は温泉のために2回、ラーメンのために1回途中下車しましたが、じっくり楽しみたい路線です。

Pc202713s
赤字第三セクターだと思って、ややネガティブなイメージだったのですが、乗り心地がグッド!
サスペンションが良いのか、高級車に乗っているようなふわふわ感に襲われます。
それもこれも、急行型車両だからという見方もできますが、
乗り換えた各駅停車でも、それほど悪い乗り心地ではありませんでした。
(車両はもちろん、古いんですけど)

「乗って残そう内陸線」というキャッチフレーズにもあるように、
どんどん乗ってこの路線を残していけたらよいですね。

| | コメント (0)

2008.12.22

大館のとりめし

大館のとりめし
秋田での最後の食事。
かなり有名らしく、大量に売られていました。

味は…
鶏肉の歯ごたえが普通のとは違っていたかな?という感じでした。
やはり、駅弁は冷えても食べられるとはいえ、
温かいほうがおいしいですね(当たり前ですが…)。

| | コメント (0)

2008.12.21

さらば!寮生活

さらば!寮生活
予定していたよりも三ヶ月も早く撤収することになってしまいましたが、本格的な冬を迎える前に東京へ戻ることになりました。

いろいろなことがありましたが、また、来ることもあるでしょう。
この部屋にもお世話になりました。
気密性が高い上に、暖房がきちんと効いているので、東京の家よりも暖かくて快適でした。

写真は積み上げた引越し用の荷物。予想通り、来た時より増えてます(笑)。

| | コメント (2)

2008.12.20

馬肉ラーメン(こぐま亭)

馬肉ラーメン(こぐま亭)
ラーメン食べ過ぎ。
という声も聞こえて来ておりますが、野菜ジュースを飲んで頑張っております。

内陸縦貫鉄道の阿仁合駅待ち合い室にお店はあります。
ベースはさっぱりしょうゆ味。
喜多方ラーメンを彷彿とさせる基本的な味です。私の中のラーメンといえばこの味です。
そこに、そっと馬肉がのっています。ラーメンスープを邪魔せず、いい味です。
馬肉と言わなければ気付かないかもしれません。

そして、なんといっても値段がグー(500円)。

普通のラーメンが400円なので、財布も痛みません。

早いですが、私の秋田ラーメン大賞はこぐま亭に決めさせて頂きます。

| | コメント (4)

内陸線にチャレンジ!

内陸線にチャレンジ!
引越し間近だというのに、現実逃避。
秋田の第三セクターを応援しに出掛けてきます。

| | コメント (0)

2008.12.19

秋田市山王 荒磯ラーメン

秋田市山王荒磯ラーメン
そろそろ山王地区(というより近所)のラーメン屋巡りも佳境に入って来ました。

荒磯といえば塩(イメージだけですが)らしいので注文。
ついでに餃子も注文(食べたかった)。

キャベツに人参、バラの豚肉にイカゲソ、キクラゲにクキワカメ?も入っています。
仕上げに生卵がのります。
箸をつけ始めて野菜の森を抜けると、ようやく麺にたどり着きます(笑)。
うーん、これはタンメンの仲間なんだろうか。
スープはコショウがややきつく、麺は細めの縮れ麺。
店内の貼紙には、「コショウ減らせます(記憶不確か)」との文字が。
下の方に沈んだスープを飲むと、コショウの味でかぁっとなります。
味は・・・聞いていた前評判よりいい感じでした。

この店でなによりも驚いたのはラーメンの味よりも、店内の柱時計の多さ。
しかも、どれも現在時刻を指していません(笑)。

外からみるとこじゃれたファミレス風ですが中に入ると駅前食堂。
そんな感じのする店でした。

| | コメント (4)

2008.12.17

秋田市山王 えびや

秋田山王えびや
ぴり辛たんたん麺を頼んでみました。
夕方だったので空いていました。

胡麻の風味と甘味がまずは攻めてきます。
スープはねっとりとしていて、秋田ならではの雰囲気をかもし出しています。
(竹本商店ほど、ねっとりはしていませんが)
肉味噌をまぜると、そこにピリッとした辛みと味噌味が合流してきます。
ピリ辛という割に、食べている感じでは辛く感じませんが、
スープを一口二口と飲んでいるうちに、じわじわっと汗が出てきます。
そのうちに鼻からも…(笑)。冷えたからだがどんどん溶け出していくようです。

たんたん麺としてはまた訪れたいほどおいしいのですが、
ボリュームはイマイチなので、半ライスがほしいところです。
もしくは、大盛りかな。

| | コメント (4)

2008.12.14

寒い!寒すぎる!(TOKYOエンデューロ2008)

寒い!寒すぎる!
TOKYOエンデューロX'masエディション(日曜日)に参加して来ました。
スタートからずっと雨。着ているものは、1周目から浸水(泣)。
2時間の部だったのですが、GOALしたあたりから雨が小降りに(えー!)。
とにかく、終始ずぶ濡れのイベントでした。

初めての人も多かったようですが、トラウマになりそうな程の悲惨さcrying
日差しのあった、昨日の方が楽しかったろうなー。

最初のフレーズは、川越銘菓の十万石饅頭風にしてみました。
秋田も良いけど、埼玉のことも気にかけておかないと。朝ドラもあるしsmile

来年以降のこともあるので、今度こそきっちりと戦略を練っておきたいものです。
(着替えのこととか、帰りの温泉のこととか・・・レース内容以外のことばかりですがcoldsweats01

| | コメント (2)

2008.12.11

秋田市山王 末廣ラーメン

秋田市山王末廣ラーメン
秋田生活もあと少しなので,思い出作りをしなければ(笑)。
24時間営業のラーメン店です。
店頭に貼りだしてある紹介チラシを読むと,
昭和の味を受け継いでいるらしいです。
昭和の味って何だろう?と言うわけで入店.

とりあえず,今回は醤油味を選択しましたが,
塩味もなかなかいけるらしいです.

カウンターにおいてあるネギ(どんぶり入り)は
かけ放題なのですが、かけすぎると辛いのでほどほどに。

麺はストレート麺。ややもすると蕎麦と間違えそうな舌触り。
汁も見た通り黒々。ややからいのですが、見た目ほどはきつくありません。
チャーシューは薄切り。これが個人的には1番おいしかった!
チャーシュー麺ならおいしいかも。

今回は同時に半チャーハンも頼みました(セットで980円)が、こちらも黒々(笑)。

味よりも、店の外観が昭和かな。というのが感想。
引き戸は重くて閉まりにくいので注意。

| | コメント (2)

2008.12.08

なぜか銚電(銚子電鉄)

なぜか銚電(銚子電鉄)
東京土産を買うつもりが、
千葉土産を買ってしまいました。
こんなのを会社で出したら、またもや
鉄道マニア
と、言われてしまいそう(汗)。

| | コメント (7)

2008.12.02

サンタさん?からの贈り物

サンタさん?からの贈り物
出張から帰ってきたら、郵便物が届いていました。
開けてみると…

なんということでしょう(ビフォーアフター風に)!

あったかグッズなど、冬仕様の雑貨がテンコ盛りです。
早速使わせて頂きますよ。

| | コメント (2)

2008.12.01

鶴舞温泉(秋田県、由利本荘市)

鶴舞温泉(秋田県、由利本荘市)
昨日の仕事帰りに寄ってきました。
埃っぽい体では疲れも倍増!ですからね。

写真はイカ刺し定食。豪華です。これで800円とは…
(写真では茶碗蒸しが抜けていますが・・・)
よくある日帰り温泉施設の食堂とは、一味違うようです。

疲れも取れて満腹でした。

鶴舞温泉(@nifty温泉より)

| | コメント (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »