2018.04.08

円→ルピアの手数料を少なくする方法はどれか

駐在費用を円でいただいているので、海外ATM対応の新生銀行のカードは欠かせません。日本の銀行のカードを直接放り込んで、現地通貨が出てくるのは痛快でもあります。
ただし、よくよく考えると両替には結構な手数料が乗っかっているようです(4%位)。GAICA、というチャージ式のデビッドカードもチャージした額だけしか使えないようになっているので、カードを落としたり盗まれたりしたときは被害が最小限に抑えられますが、こちらも結構な両替費用(4%)が乗っかります。VISAとか書いてある割にポイントもつかないのでさらに損した気分(これは、VISAの加盟店で使えますよ、という印なんですが)。

調べてみると現金からルピアに変更するレートは、VISAなどの変換レートと大差ないので、一番良いのは現金の両替かクレジットカードの買い物のようです。別サイトではVISAでキャッシングすれば同じレートで現金が引き出せるようですが、引き落とし日まで利息がかかるために、こちらの利息を手数料と考えるとあまり賢明とはいえなそうです(すぐに窓口で振り込めば利息は最小限になるらしいのですが、海外にいるのでそうちょくちょく窓口には行けません。だからといって、数ヶ月分の現金を日本から持ち込むのもどうかと思いますので、買い物するときに限ってクレジットカードで払う方が良さそうです(店にもよりますが)。ポイントもつきますし。

以上をまとめると、
0. 一時帰国時にある程度の円を用意して、持ち込む。
1. どうしても下ろす時には海外ATM対応のカードで下ろす
2. そのほかはクレジットカードで決済する。

ということでしょうか。しばらくやってみて、どんなもんだか様子を見てみます。

| | コメント (0)

«Padang golf Halim 1